【メンズ髭】安い脱毛器なら痛くない?痛みを感じる理由。

脱毛器の効果

家庭用脱毛器の販売価格は、高い製品から安い製品まで様々です。

・高い脱毛器=効果は強いが痛みも強い
 
・安い脱毛器=効果は弱くて痛みも弱い

この様に思われている方も多いのではないでしょうか?
 
今回は安い『脱毛器でヒゲ脱毛した痛み』について解説したいと思います。
 

安い脱毛器の痛みとリスク


一般的に脱毛器の価格が高いほど、性能面で優れている製品は多いです。
 
値段が高い脱毛器は作るのにコストがかかっているので、製品の性能も高くなる傾向にあります。

脱毛器の性能が高い⇒脱毛の効果が高い⇒痛みも強い

この様に思われる方は多いかもしれません。
 
私も以前はそう考えていました。
 
ですが、脱毛効果が高い=痛みも強いは間違った認識です。
 
性能が高い脱毛器は、痛みを最小限に抑えて脱毛効果を最大限に上げている製品が多いです。
 
反対に安い脱毛器の中には、以下のような製品も存在しています。

・脱毛器のパワーを無理に上げている可能性
 
・肌に対して適切な調整が行われていない

無理に機器のパワーを上げていたり、脱毛時に肌に対して適切な調整が行われていない場合、強い痛みを伴い肌トラブルが起きてしまう可能性が考えられます。
 
勿論、全ての安価な脱毛器が高リスクで強い痛みを伴う訳ではありません。
 
ただ安価な脱毛器の場合、高い脱毛器に比べると性能面で劣っている製品が多いのは否めません。
≫詳しくは『【メンズ】髭用の脱毛器は安い製品を選んでいい?安全面は大丈夫』をご覧ください

 

肌の状態で痛みの度合いも変化する


性能が高い脱毛器でも強い痛みを感じる場合があります。
 
原因は脱毛する時の肌の状態です。
 
下記のような方は、脱毛器の良し悪し関係なく痛みを感じやすいので注意が必要です。

✔POINT

・肌が乾燥している
 
・敏感肌の人
 
・肌色が黒い人
 
・毛深い人


✔肌が乾燥している
脱毛は黒い毛のメラニン色素に光が反応して脱毛します。
日焼けで肌が黒くなっている場合、熱が肌に反応して痛みを感じやすくなります。
 
肌が白くなるのを待ってから脱毛しましょう。
また、元から肌が黒い方は蓄熱式の脱毛がおすすめです。
メラニン色素に反応しない脱毛方法なので、少ない痛みで抑えられます。
 

✔敏感肌の人
敏感肌の方は、表面の角質層が薄い人が多いです。
角質層が薄い方は脱毛時に痛みを感じやすいので、照射の強い刺激に耐えられない可能性があります。
最初は機器のレベルを1~2程度の強さにして、徐々に照射レベルを上げていきましょう。
 

✔肌が乾燥している
お肌が乾燥している状態も、痛みを感じやすい原因の1つです。
乾燥肌になる要因には、紫外線による肌バリアのダメージも影響しています。
外出する際には紫外線対策をして、保湿をしっかりと意識するようにしましょう。
 

✔毛深い人
毛が太くて量が多い方も痛みを感じやすいです。
特に毛が密集している部分は、照射時間が長くなり光やレーザーが強く反応します。
ヒゲの他にはVIOや脇なども毛が密集しているので、痛みを感じやすい部位だと言えるでしょう。
 

 

脱毛器の購入金額の平均はどれ位?


ここまでの説明で、必ずしも「安い製品=脱毛効果が弱くて痛みも弱い」ではないことは理解して頂いたと思います。
 
では、実際に「他の人はいくらの脱毛器を購入しているの?…」
 
そう思われたのではないでしょう?
 
下記は当社でアンケート調査を行った結果です。

3000~1万円未満36%
脱毛器金額
8万円以上2%
6~7万円20%
3万~5万円24%
1~2万円18%


3万~7万円以上の購入者が全体の半数近くいることに驚きました。
 
恐らくこれは口コミやレビューの影響もあると考えられます。
 
低価格な脱毛器を買って効果がなかったと書かれているレビューを見て、高性能の脱毛器を購入する方の割合が増加したのも理由の1つだと言えるでしょう。
 
事実、低価格な脱毛器の中には効果が弱いだけでなく、肌トラブルのリスクが高い製品も販売されています。
後で後悔しない為にも、値段が安いだけの理由で脱毛器の購入はしないようにしましょう。

【メンズ髭】コスパ最強!家庭用脱毛器おすすめ人気ランキング (datumou-mens-lady.com)

タイトルとURLをコピーしました