【メンズ髭】家庭用脱毛器に冷却機能は必要あり?必要なし?

脱毛器の効果

脱毛器を購入しようと検討している時に、冷却機能付と書かれた商品を目にしたことはありませんでしょうか?
 
冷却機能は皮膚への負担や痛みを和らげる機能です。
 
「イメージ的には付いてないより付いていた方がいいような…」
 
このように迷われている方は多いのではないでしょうか?
 
今回は家庭用脱毛器に、冷却機能は必要性について解説していきます。
 

冷却機能付で脱毛器を購入する危険性


脱毛は肌に直接脱毛器を当てて、毛に熱でダメージを与える方法です。
 
冷却機能は脱毛器側で皮膚への負担や痛みを和らげる機能です。
 
もし肌を冷やさない状態で脱毛すると、皮膚にやけどを負ってしまう可能性があります。

では、脱毛器に冷却機能は絶対に必要ではないか?
 
そう思われる方がおられるかもしれいませんが、それは違います。
 
脱毛器に冷却機能がなければ、自分で保冷剤や冷却ジェルなどで肌を冷やせば問題はありません。
 
保冷剤や冷却ジェルはネットショップで簡単に購入することができます。
※※※
冷却ジェルではなく保冷剤を推奨している脱毛器もあります。使用する製品の説明書を詳しく確認しておきましょう。

脱毛器の効果と冷却機能の有無は別問題


冷却機能付の脱毛器であれば、肌を冷やす必要がなくなるの手間なく脱毛することができます。
 
ですが、脱毛器の良し悪しを1番に判断するのは脱毛効果です。
 
肝心の脱毛効果がなければ、手間がかからなくても意味がありません。
 
冷却機能無しでも脱毛効果が高い製品はありますし、反対に冷却効果有でも効果が全くない製品も販売されています。

「冷却機能付=脱毛効果が高い良い製品」ではないことを認識しておきましょう。

また冷却機能の有無で脱毛器本体の金額差はありません。
 
低価格な脱毛器だと、1万円以内でも冷却機能が付いている製品があります。
 
脱毛効果がない脱毛器を購入したいと思う人はいないと思いますので、効果が高い脱毛器を優先して買うことをおすすめです。

 

冷却機能だけでは痛みを伴う場合もある


冷却機能付きの脱毛器は、脱毛する時に照射と同時に肌を冷やしてくれます。
 
保冷剤や冷却ジェルを使用しなくても、痛みを和らげてくれるのが大きなメリットです。

ただ、全くの無痛になる訳ではないので注意が必要です。
 
特に初めて脱毛する方は、痛みの度合いは分かりません。
 
脱毛器に慣れるまでは、最初はレベル1~2位から少しずつパワーを上げていくのがおすすめです。
 
敏感肌の方や冷却機能付きでも痛みを感じる場合、保冷剤などでも肌を冷やして脱毛することをおすすめします。
 
脱毛は継続しなければ効果を実感しづらいので、1番続けられる方法で行いましょう。
⇒【メンズ髭】敏感肌の人が安い脱毛器でヒゲ処理するのは安全?

肌を冷やしすぎるデメリット


冷却機能でも痛みが伴う場合、保冷剤や冷却ジェルで肌を更に冷やせば痛みはより無くなります。
 
ですが、デメリットもあります。
 
それは肌を冷やしすぎることで、脱毛効果が弱くなる可能性があるという事です。
 
また、正しい手順で肌を冷やさなければ、脱毛効果を弱めてしまうので注意が必要です。
 
肌を冷やしすぎず、正しい手順で脱毛しましょう。


正しい冷却の手順


✔①脱毛前と後で肌を必ず冷やしましょう
脱毛する前と終わった後に、保冷剤で必ず肌を冷やしてあげましょう。
前後の冷却で火傷防止になるので、肌トラブルを避けることができます。
エステサロンや医療クリニックでも、脱毛する前後は肌をしっかりと冷却しています。


✔②肌を冷やし過ぎる行為は注意
脱毛前に肌を極端に冷やすのはNGです。
脱毛は毛根に熱でダメージを与えていく方法です。
極端に肌を冷やしてしまうと、毛根へのダメージが少なくなり効果が薄れてしまう可能性があります。

保冷剤などで肌を冷やす場合、タオル等で保冷剤を巻いて過度に肌を冷やさないようにしましょう。
またタオルや保冷剤などは、清潔な物を使いましょう。
不衛生な物を使用することで、肌荒れや炎症が起きる可能性があります。

【メンズ髭】脱毛器の光で事故になるって本当の話し?【リスク】⇒

【メンズ髭】コスパ最強!家庭用脱毛器おすすめ人気ランキング (datumou-mens-lady.com)

タイトルとURLをコピーしました